特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いって?

介護老人保健施設の特徴

看護師として介護施設で働く際、特別養護老人ホームと介護老人保健施設で迷う方が多いと思います。

どちらも一定数の求人募集が見られますし、イメージ的に共通しているかもしれません。

しかし特別養護老人ホームと介護老人保健施設では決定的な違いがあります。

・介護老人保健施設は退院が前提
・特別養護老人ホームは終の棲家の可能性がある

ということですね。

老健はリハビリをして在宅復帰を目指す施設ですから、通常3ヶ月~6ヵ月程度の入所となります。

定期的に判断を行っていて、治療が必要なら病院へ移動しますが、自宅での生活が可能になれば退院となりますね。

あくまでもリハビリを通じて機能回復訓練を行い、自立した生活を目指すのが老人保健施設です。

また入所者100名に対して常勤医師が1名以上と決まっていますので、看護師としても安心して働きやすい環境と言えるでしょう。

特養の方が看護師求人が多い?

それに対して特別養護老人ホームは終の棲家になりうる施設です。

65歳以上で要介護度認定を受けていて、特に介護度4~5の高齢者から入居が決まります。

私の祖父母も特別養護老人ホームの手続きを行いましたが、入居待ちで半年以上かかると言われましたね。

要介護度は祖父が3、祖母が2と記憶していますが、有料老人ホームと比較して費用が安い分、入居待ちに時間が掛かる印象を受けます。

また認知症の場合、なかなか高い要介護度にならないため入居が難しいとも聞きます。それに認知症が進行して重度になれば、退去要請を受けることもあるようです。

上記は利用者側から見た特養の印象ですが、老健と違って医師の常駐が定められていないため、基本的に介護スタッフ+看護師で運営されていますね。

その分、看護師の責任は重くなりますが、病院のような医療行為はないため、ブランクがあっても復帰しやすかったり、アルバイトやパートでも働きやすいというメリットがあるでしょう。

入居者の空きが出やすいのは、退院前提の介護老人保健施設ですが、看護師求人の出やすさはどうなのでしょうか?

あくまでも個人的な印象になりますが、老健よりも特養の方が求人を探し安いですね。

全国の施設数を見ても、介護老人保健施設よりも特別養護老人ホームの方が多いようですし、その辺りの詳細は看護師紹介会社で確認して下さい。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら