特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特養看護師に向いているタイプ

介護への興味関心が高いこと

特養看護師に向いている人ですが、第一に「介護への関心が高いこと」が挙げられますね。

特別養護老人ホームのナースの仕事内容として、バイタルチェックや服薬管理、経管栄養や褥瘡などがありますが、周囲の介護スタッフと共に各種介助業務が入るのが基本です。

入浴介助、食事介助に加えて排泄介助を行うことがありますし、認知症の入居者がいれば、さらに介護業務の比率が増えるかもしれません

その辺りが病院やクリニックと大きく異なる部分ですし、「自分は絶対に看護師業務しかやりたくない」と考えている方は特養に向いていないですね。

逆に、看護師以外に介護の仕事に興味があり、ナースとして幅を広げたい、新たなスキルを身に付けたいと考えている方なら、特養に向いているのではないでしょうか?

看護師として特養で働きながら、「将来的に介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得したい」と考えていれば、より特養看護師に向いていると思います。

やはり病棟や外来の仕事内容とは異なりますので、介護施設への適性が大切になるんですよね。

特養の入居者とじっくり向き合いたい

次に「利用者ひとりひとりと向き合いたい」と考えている方も特養看護師に向いているでしょう。

時間的にゆったり関われる職場ではありませんが(案外忙しいです)、特養の利用者には退院という概念がありませんので、ひとりひとりと長い時間関わることになりますね。

認知症の進行で退去したり、重い病気になって入院することもありますが、基本的に特養は生活の場ですから、入居者とのコミュニケーションが大切になりますし、お互いの信頼関係も重要になるでしょう。

病棟のように、やがて退院する入院患者さんと一時的に関わるよりも、長くじっくりと人間関係を築きたい、1人1人と接しながら看護師として仕事がしたいと考えているようでしたら、紹介会社で特養求人の紹介を希望して下さいね。

また、ある程度の臨床経験も求められます。

必ずしも特養や老健、有料老人ホームで働いた経験は不要ですが、全くの新卒ナースが特養で働くのは厳しいと言われていますね。

今までに病院やクリニックでナースとして経験を重ねた方なら、スムーズに特養で働けるのではないでしょうか。

もちろん前述したように、

・介護への興味関心が高い
・利用者1人1人と向き合いたい

という意識は大切ですが、病棟看護師の経験があれば仕事を探しやすいですよ。

他に「介護への興味関心が高い」とも重なりますが、高齢者と接することが好きな方は特養勤務に向いていますね。

高齢者と話すと自然に笑顔になる、お爺ちゃんお婆ちゃんとコミュニケーションを取るのが得意な方なら、特別養護老人ホームに慣れるのも早いと思います。

以上を参考にした上で、特別養護老人ホームへの転職を考えて頂ければと思います。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら