特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

高齢者施設における看護師の役割って?

高齢者施設における看護師の役割に関するページです。

高齢者施設として、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービス、高サ住などがありますが、共通しているのは病院のように治療目的の期間ではない、ということです。

介護老人保健施設に関しては、病院と自宅の中間施設とも言えますが、老人ホームや高サ住は生活の場ですし、デイサービスは通所介護を提供している施設なので生活の一環ですね。

他に訪問入浴で働くナースもいますが、各自宅を回っての入浴介助なので、介護サービスの提供がメインですね。

そのような介護施設で働く看護師の役割・仕事内容として以下があります。

・健康管理(バイタル測定、血糖値測定)
・医薬品管理
・留置バルーンの洗浄・交換
・ストーマの管理
・インシュリン注射
・吸引、口腔ケア
・じょく創ケア
・胃ろう管理
・緊急時の対応(医師や家族への連絡、同行)
・応急手当
・介護スタッフに対しての相談と対応
・施設内の衛生管理等

介護施設によっても違いがありますし、上記業務を全て行うわけではありませんが、介護施設の業務内容として見られるものです。

他に入居者の介助業務を行う施設が多いですね。

介護士と看護師で仕事が明確に分けられていれば、入浴介助や排泄介助、食事介助は介護職員が行い、看護師業務はナースが行うことになりますが、基本的に介護業務まで担当する機会が多いでしょう。

病院やクリニックと異なる看護師の役割

ブランクからの復帰や、経験が浅くても働きやすいのが介護施設ですし、急性期病棟のような忙しさはありませんが、時間に余裕を持ってゆったり働ける介護施設は少ないと思います。

たとえばデイサービスでも毎日のスケジュールが決まっているんですよね(私の祖母が通っていました)

午前9時~10時まで送迎、午前10時~12時まで入浴、午後からお昼寝する組とミニゲームを行う組に分かれて…などスケジュールが詰まっていますし、忙しい介護施設が多いでしょう。

それでも1人1人と向き合って接する時間が長かったり、高齢者から感謝の言葉を掛けられることに仕事のやりがいを感じている看護師さんも多いですよ。

高齢者施設における看護師の役割は、病院やクリニックの役割とは異なりますが、看護師として(または一人の人間として)成長できる貴重な場所になるかもしれません。

まずは看護師紹介会社で高齢者施設のナース求人をチェックしてみて下さい。地域によっては、予想以上に求人案件が多く出ていますので。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら