特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特別養護老人ホームの施設数と将来性

特養は高齢化に追い付かない?

特別養護老人ホームの施設数として、全国に6,500~7,000というデータがあります。

利用者約50万人に対して、待機者も同じくらいの数と言われていますね。

年々、特別養護老人ホームの数は増えていますが、それ以上に高齢化が進んでいるのが現状ではないでしょうか。

日本は高齢化と共に少子化も進行していますから、独居老人の問題があります。

昔のように自宅介護が難しいとなれば、特養の存在意義も高くなりますし、すでにそのような状況になっていますね。

しかし特別養護老人ホームの施設数が追い付いていない…という現状です。

国としても「介護施設から在宅介護にシフトチェンジする」という方針を打ち出していますが、裏返せば「特別養護老人ホームだけでは対応しきれない」ということでしょう。

そう考えれば、特別養護老人ホームの将来性は高いと言えますね。

病院やクリニックのように多数の看護師を募集しているわけではありませんが、配置基準がありますので、欠員と共に求人が出されます。

特養で働くナースの給与を見ても、介護スタッフより高収入の募集が多いんですよね。

将来的なニーズも高い特別養護老人ホーム

「医療行為が多い病院はちょっと…」と考えている看護師さんや、ブランクからの復帰を考えている方、総合病院や大学病院の勤務に疲れて転職を考えていたり、入居者1人1人とじっくり関わりたいと思っているナースに特養はオススメできます。

もちろん特養には特養のルール、雰囲気、人間関係がありますので、適性があるかどうかは分かりません。

しかし将来性を鑑みても、特別養護老人ホームで働いた経験、看護師として身に付けたスキルは活用しやすいですよ。

介護施設は特養だけでなく、有料老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービス、デイケアなど様々ですし、特養から病院へ転職する場合も、「介護病棟で働く」という選択肢がありますね。

ミックス型の病院もありますので、経験を活かして介護病棟で働いた後、「一般病棟や急性期病棟へ異動する」というケースもあるのではないでしょうか。

2025年には4人に1人が後期高齢者になりますし(いわゆる2025年問題)、介護施設で働くメリットは多いはずです。

そのためにも看護師紹介会社で特養求人をチェックされて下さいね。

紹介会社は無料で利用できますし、あなたの希望に沿った案件を紹介してもらえます。

もちろん仕事探しのタイミングにもよりますが、東京や大阪のような人口の多い都市なら、

「全く求人が見つからない」

という状況は考えづらいですし、千葉、埼玉、神奈川、兵庫、京都、仙台、福岡、札幌のような都市も比較的求人を探しやすいですよ。

気軽に看護師紹介サービスを活用して頂ければと思います。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら