特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特養看護師の役割・業務 記事一覧

特別養護老人ホームの看護師の給料
高齢者の様々な病気や怪我などに対しても適切に対処することが出来る看護師の存在は介護業界にとっては不可欠となっているのです。しかし、業務における労力と報酬のバランスが取れていないと言われています。
特別養護老人ホームにおける看護師の役割
特別養護老人ホームにおける看護師の役割は、一般病院とは異なり、特別養護老人ホームへ入居している高齢者の経過観察が主な仕事になります。入居者の体調の変化を素早く発見し、病気や怪我の早期発見、早期治療を目的として業務に当たっています。
特別養護老人ホームの看護師の仕事内容
特別養護老人ホームでは、介護士だけでは対処できない状況もあるので医師や看護師のが常駐しています。特養看護師の主な業務は、入居者の健康管理になります。
特別養護老人ホームで働く看護師のやりがい
特別養護老人ホームの看護師の仕事はやりがいが多くある職場だと言われています。また、やりがいを求めて特別養護老人ホームの看護師へ転職される看護師の方も少なくはありません。
特別養護老人ホームの看護師求人の探し方
特養看護師などの専門性の高い職業などは、専門の求人サイトなどが設けられており、看護師に関しても同様に専門の求人サイトが存在します。専門の求人サイトを活用すると転職活動が有利になるので求人サイトの活用をお勧めします。
特別養護老人ホームへの看護師転職の志望動機
履歴書を書くにあたって、最も気を付けないといけないのが志望動機です。特別養護老人ホームでどのような仕事をする事が出来るのか等といった自分の有能性を伝えることが志望動機には必要です。
特別養護老人ホームの看護師配置基準
特別養護老人ホームの人員配置基準には、看護師の配置基準も盛り込まれており、一定数の入居者以上では看護師を配置しなければいけないようになっています。特別養護老人ホームの人員配置基準についてご紹介します。
特別養護老人ホームにおける看護師の医療行為
特別養護老人ホームの看護師はどこまでの医療行為が出来るのでしょうか。基本的には、看護師が行う医療行為は「医療補助行為」と言われるものになります。医師の指示に従っているのであれば、医療行為も問題なく行う事が可能です。
看護師が特別養護老人ホームに転職するメリット
特別養護老人ホームでの勤務では、看護師に夜勤は基本的には存在しませんので家庭と仕事が両立でき、時間的に余裕が作れる事がメリットです。他には、一般の病院勤務に比べて精神的負担が軽い事です。
看護師が特別養護老人ホームに転職するデメリット
特別養護老人ホームに転職をした看護師が一番に感じるデメリットは、やはり給与面でしょう。特養看護師には夜勤がないので、どうしても一般の病院勤務に比べると給料が低くなってしまいます。
特養看護師って忙しい?
有料老人ホーム、介護付老人保健施設など様々な介護施設がありますが、中でも特養老人ホームの看護師は最も忙しいと言われています。特養老人ホームは1日の流れが決められていますし、短い時間で仕事を行わなくてはなりません。
特養看護師 夜勤について
特養看護師の夜勤ですが、施設によっても変わる部分ですね。日勤のみで働けることも多く、夜間帯はオンコール待機を取っている特別養護老人ホームもあります。もしくは完全に夜勤なしの特養看護師求人もありますね。
特養看護師の悩み
特養看護師の悩みにフォーカスしてお伝えします。特養は施設によっても雰囲気が異なりますし、看護師の仕事内容・役割も若干異なることが多いです。しかし共通して感じやすい悩みもありますね。