特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特別養護老人ホームにおける看護師の役割

特別養護老人ホームへ入居している高齢者の経過観察

看護師として転職を考えた場合、多くの選択肢があります。中でも、今、最も需要が高まっているのが特別養護老人ホームの看護師として働くことです。

高齢化社会と言われて久しいですが、年々、高齢者層が増えていく状態にある現代ですから、介護、医療と言った分野のエキスパートの需要は、否が応でも高まります。中でも介護も看護も出来る看護師の需要は高く、特別養護老人ホームなどのように医療従事者が必要な職場などでは需要も高まっています。

一般病院と特別養護老人ホームでの看護師の仕事の内容にどの程度の違いがあるのかが気になるところだと思いますが、一般病院とでは、基本的な役割が違ってきます。

通常、一般病院での看護師の役割は、入院患者のケアや看護全般、診療や処置、手術の介助などの医療に関するサポートが大半を占める役割となっています。個人で経営しているクリニックなどでは、時に医療行為に準じる作業を行うケースも見られ、病院での看護師の役割は多岐に渡ります。

しかし、特別養護老人ホームにおける看護師の役割は、一般病院とは異なり、特別養護老人ホームへ入居している高齢者の経過観察が主な仕事になります。

特養看護師は早期治療を目的として業務に当たる

通常は看護師だけが常駐と言う事はなく、医師とセットでの勤務になることが多くなっています。その施設にもよりますが、医師1人に対して看護師2人程度が一般的なチーム分けのようで、特別養護老人ホームに入居している高齢者の診察、服薬管理を行います。

時に入浴の補助などの業務もありますが、基本的には介護士が行うものですので、看護師としての役割は、入居高齢者の体調管理がメインと考えていいと思います。

高齢者ともなれば、いつ、どのように体調が変化するかは誰にもわかりません。そんな状態にある高齢者の体調の変化を素早く発見し、病気や怪我の早期発見、早期治療を目的として業務に当たっています。

看護師の役割は責任重大ですが、そのおかげで多くの高齢者が安心して施設を利用できるのですから、それなりにやりがいのある職場だと言っても良いでしょう。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら