特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特別養護老人ホームの看護師の仕事内容

特養看護師は病気や怪我の早期発見を行う事

医療機関における看護師の人手不足は慢性化した問題でもありますが、現代においては看護師の需要は病院だけではありません。

高齢化社会と言われる現代、自宅で介護を行う事が困難な状態にある方などの受け入れをしている施設などもあり、そうした特別養護老人ホームなどの施設では、介護士だけではなく看護師の存在も不可欠になります。そのため、医療機関だけではなく、介護施設での看護師の人手不足は問題視されています。

高齢者となれば、どうしても体のあちこちに異常が起こりやすくなります。介護士だけでは対処する事が出来ない状態になることもしばしばありますから、ある程度の大きな特別養護老人ホームや、しっかりとした体制を整えている特別養護老人ホームの場合、医師や看護師の常駐、地域総合病院との提携などをして、常に万が一に備えているというのが常です。

常駐する医師や看護師などの医療従事者に求められているのは、特別養護老人ホームの入居者の体調管理になります。その中でも看護師の仕事は、入居者一人一人の体調をしっかりと記録し、病気や怪我の早期発見を行う事がメインの業務となります。

他には、入浴や排泄の補助、リハビリの補助などの業務もありますが、主だった仕事は、服薬の管理や健康管理となります。

特養看護師にしかできない医療行為

入浴や排泄、その他における入居者の一般生活補助は介護士でも十分に行う事の出来る業務ですが、医療に関するサポートは介護士では難しい問題です。そのため、医療に関する問題を看護師が受け持ち、介護士は介護面に専念をする環境を整えるというのが、特別養護老人ホームへの看護師常駐の目的といっていいでしょう。

また、医療従事者の常駐や地域病院との連携を持つことで、いざと言う時に即座に行動を起こし、入居者の安全を確保することが出来るというのも大きなメリットです。

入居者の中には、自立して生活することが困難な方も大勢います。そうした方の中には、寝たきりで投薬などを行っているケースが多く、小さな体調の変化が即座に命に直結する問題に発展することも少なくはありません。そのような時に、即座に病院との連携が取れなければ、助かる命も助けることが出来なくなります。

助けられる命は助ける。それが、特別養護老人ホームに求められる最低限の命に対する責任なのでしょう。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら