特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特別養護老人ホームへの看護師転職の志望動機

履歴書の中で最も注意しないといけない志望動機

転職するに当たって、最大の難関といえるものが面接になります。履歴書の書き方1つをとっても、注意しておかなければいけないことは多くありますが、その中でも最も気をつけなければいけないのが、志望動機になります。

履歴書に記載するものも勿論ですが、面接時に自分の志望動機を口頭で説明する必要もあり、しっかりと志望動機を理論として頭に入れておかなければいけません。

看護師は基本的にどこも人手が足りていない状態ですから、よほどのことがない限りは不採用と言う事はないでしょう。しかし、それでもしっかりとした志望動機を伝えることが出来なければ、そのよほどの事ということにならないとも限りません。

医療機関はもちろん、特別養護老人ホームにおいても看護師の需要は高いものです。病院施設と違い、特別養護老人ホームでは看護師に求められるのは、徹底した入居者の健康管理になります。

怪我や病気と言った医療の最前線とは違いますが、病気や怪我を未然に防ぐという意味では、看護師としての仕事のやりがいのある職場であるのではないでしょうか。

自分の有能性を伝えることが志望動機には不可欠

特別養護老人ホームへの志望動機も、自分の看護師としてのキャリア、理想などを盛り込むことで、より具体的に特別養護老人ホームに働くための意欲をアピールすることが出来るはずです。

特別養護老人ホームと言うのは、高齢者が終の棲家として選んだ居住区になります。そこには、肉体的、精神的に何かしらの障害を負った方が多く、看護師としての仕事も多くあります。そこで働く決意、意思の固さを示すことで、看護師としての自分の存在感を知らしめる事が出来ます。

また、病院と違い、日々の日常の手伝いであると言う点で考えれば、特別養護老人ホームは病院に比べて職場環境はいいと言ってもいいでしょう。

自分が何故、看護師として特別養護老人ホームを選択したのか、自分が特別養護老人ホームでどのような仕事をする事が出来るのか、自分にはどのようなスキルがあるのか。自分の有能性を伝えることが志望動機には不可欠です。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら