特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特別養護老人ホームの看護師配置基準

特別養護老人ホームにおける看護師の配置基準

特別養護老人ホームは高齢者のためだけではなく、何かしらの原因で体などに不自由を感じている高齢者が多くいます。そのため、自立して生活を送ることが困難な方も多く、介護士だけでなく、看護師の存在も不可欠になります。

老人ホームといえば、介護のための施設と言うイメージがありますから、近隣の病院などと連携をとって、万が一に備えておくだけで安心と考えている方もいるかもしれません。しかし、日々、高齢者の体調を管理していく必要があるため、常駐している介護士だけでは、十分に健康管理を行う事が出来ないと言うのが現実です。

そのため、特別養護老人ホームの人員配置基準には、看護師の配置基準も盛り込まれており、一定数の入居者以上では看護師を配置しなければいけないようになっています。

特別養護老人ホームにおける看護師の配置基準は、常勤換算で入居者30人程度で1人。31人から50までで2人、51人から130人で3人、それを超える場合には4人以上の配置となっています。あくまでも最低限の配置基準ですから、万全を期すということであれば、それ以上に配置している施設もあるでしょう。

特別養護老人ホームには一定の看護師が必要

また、介護、看護を含む職員の配置基準としては、入居者3人に対して1人という基準がありますから、それに準じた看護師の配置をされることになるはずです。

看護師が常駐となれば、必然的に医師の常駐も必要になりますが、医師は人数の指定はなく、健康管理や療養の指導に必要ない人数の意思を配置するとされているため、具体的な人数基準はなく、それぞれの施設に一任されているようです。

入居者が増えれば、それだけに人員も必要になってきます。それだけに看護師の仕事も増えてきますし、相応に看護師の需要も高くなります。

近隣の病院施設との連携だけではカバーすることができない入居者の健康管理という問題を、看護師を常駐させることで軽減させる目的があるため、一定の看護師が必要となります。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら