特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特別養護老人ホームにおける看護師の医療行為

特養看護師が行う医療行為は「医療補助行為」

特別養護老人ホームで看護師として勤務するに当たって、看護師として、どこまでの業務を行う事が出来るのか、どこまでが許されるのかと言う事を知っておく必要もあります。

医療に携わるものとして、自分の行う行為の全てが入居者の命に関わることになると言う事をしっかりと理解しておかなければいけません。

特別養護老人ホームにおいて、看護師に求められるのは、入居者の健康管理が主だった仕事になります。他にもリハビリや入浴、排泄の補助と言った業務もありますが、メインとなるのは入居者の健康管理になります。服薬やバイタルの管理など日々、刻々と変化する体調を管理することが大切な役割です。

その過程においては、時に何かしらの医療行為が必要となる場合もあるでしょう。看護師として、自分がどこまでの医療行為を行う事が出来るのかと言うのは、とても重要なポイントです。

基本的には、看護師が行う医療行為は「医療補助行為」と言われるものになります。それらは、医師の指示の下に行われるもので、医師の指示があるならば、場所を選ばず、どこでも行う事が可能であるとされています。

つまり、特別養護老人ホームに常駐している医師の指示に従っているのであれば、医療行為も問題なく行う事が可能だということになります。

看護師に求められているのは医療補助としてのエキスパート

逆に医師の指示なく医療行為を行えば、それは即座に違法行為として罰せられる可能性があると言うことを意味しています。

医療に携わるものとして、最低限知っておかなければいけないことですが、特別養護老人ホームにおいては、更に肝に銘じておく必要があるでしょう。

また、経営母体によっては、連携している病院機関と協力を仰ぐといった体制を取っているケースもありますから、自分が勤務している、あるいはこれから勤務するであろう特別養護老人ホームが、どのようなスタイルで医療行為を考えているのかと言うことを把握しておく必要もあります。

看護師に求められているのは医療補助としてのエキスパートです。それを心に留めて、業務に当たるようにしましょう。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら