特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

看護師が特別養護老人ホームに転職するメリット

特別養護老人ホームでの勤務では看護師に夜勤は存在しない

看護師として転職を考えた場合には様々な理由があります。その多くが、病院勤務の激務と家庭と仕事の両立の難しさにあります。

病院勤務の場合、基本的には夜勤など不規則な生活になるため、家庭と仕事を両立することが非常に難しくなります。また、シフトによって休みが決められるため、固定で休みを取るということが難しく、毎週休みが変わるというのも家庭を持った際には転職を考えるきっかけになるはずです。

看護師が転職をするに当たって、比較的環境のいいとされている特別養護老人ホームには、どのようなメリットがあるのか。それを考えた場合、病院勤務でのデメリットの払拭がメリットといえます。

特別養護老人ホームでの勤務では、看護師に夜勤は基本的には存在しません。一般的な特別養護老人ホームであれば、朝の8時程度に出勤して、遅くても20時程度には帰宅することが出来るようになります。

小さな子供がいる場合、遅くの帰宅は何かと不安を感じさせることになりますが、特別養護老人ホームでの勤務であれば、ほとんどは定時で上がることが出来ますので、時間的な余裕を作ることも出来るでしょう。

特養看護師は精神的にも負担が軽い

特別養護老人ホームには夜勤がない代わりにオンコールと言われるシステムがあります。

入居者に何かしらの健康的問題が発生した場合、担当の看護師が電話で呼び出されるシステムですが、基本的には自宅待機になりますし、病院の夜勤ほどに緊張感が継続するわけでもありませんので、業務としては比較的融通が効くものと言えます。

もちろん、夜勤がないと言う点を考え、給料面では病院勤務には若干劣る金額になることは多いでしょう。しかし、夜勤のない規則的な安定した生活、家族とのコミュニケーションを取ることが出来るという点を考えれば、家庭を持った方が特別養護老人ホームで看護師として働くという選択をするのは納得の出来るものでもあります。

特別養護老人ホームで看護師として働くメリットは、やはり、時間的な緊張感がないの一言に尽きます。病院勤務では得ることの出来ないゆったりとした環境で働くことは、精神的にも負担がかからずに続けることが出来るはずです。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら