特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

看護師が特別養護老人ホームに転職するデメリット

特養看護師は病院勤務よりも給料は少なくなる

特別養護老人ホームで看護師として働くに当たっては、知っておかなければいけないことがいくつかあります。

看護師として病院で勤務をしていた時とは環境が違うため、何かと勝手の違うと言う事もあるでしょう。また、特別養護老人ホームに転職をしたけど、転職は失敗だったと感じないためにも、特別養護老人ホームにおけるデメリットを知っておくことは不可欠です。

特別養護老人ホームに転職をした看護師が一番に感じるデメリットは、やはり給与面でしょう。夜勤もなく、ほとんど残業のない仕事となれば、必然的に給与は少なくなるケースが多いです。

基本給は病院勤務と同等であっても、夜勤や残業手当などの部分で差が開いてきますから、どうしても病院勤務よりも給料は少なくなります。特別養護老人ホームによって給料は違いますが、病院勤務と比較すると、ほぼ全てといっていいほどに給料は安いものになることでしょう。

これまでの生活基準で消費していれば、転職に失敗した、ということになってしまう可能性もありますから、生活にかける金銭の見直しは必要になってくるはずです。

次の職場についてしっかり調べておくことが必要

また、夜勤はないとは言っても、オンコール待機と言うシステムがあります。病院であれば夜勤と言う形で施設に待機することになりますが、オンコール待機は入居者に何かしらの問題が発生した場合に電話で呼び出されるシステムになります。

この場合、仕事が終わっていても、いつ呼び出されるか分からないという緊張感を持ちながらプライベートを過ごさなければならず、例えばお酒などを飲むことも控えておかなければいけません。

基本的には、夜勤のようなプレッシャーを感じながらも、それほど多くの手当はもらうことが出来ない、と言う状況になります。これも特別養護老人ホームに勤務する上で知っておくデメリットでしょう。

確かに、残業や夜勤がなく、定時での出勤退勤が出来る職場と言うのは、看護師にとっては魅力的に見えます。しかし、その裏に隠れているデメリットを知らずに安易に転職すれば、それは後悔に変わるものです。

転職する際には、次の職場についてしっかり調べておくことが必要になります。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら