特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特養看護師って忙しい?

特養看護師の仕事は忙しい?

有料老人ホーム、介護付老人保健施設、デイサービス、通所ケアなど様々な介護施設がありますが、中でも特養老人ホームにおける看護師の仕事が最も忙しいと言われています。

特養老人ホームは1日の流れ、スケジュールが決められていますし、短い時間で仕事を行わなくてはなりません。看護師の仕事としてはバイタルチェックや健康管理などがありますが、その他介助業務が入ることが普通なので、周囲の介護士と共に役割をこなす必要があります。

また夜勤が入ると就寝介助、起床介助の両方を行うことになり、トイレに行く暇もないそうです。特に人数が多い特別養護老人ホームの場合は、非常に忙しいようですね。夜勤時に看護師1名だと、常に対応に追われている状況です。

有料老人ホームとの違いは、入居者の介護度ではないでしょうか。基本的に有料老人ホームは元気な高齢者が多く、特養は介護認定されている入居者が入っていますね。そのため痴呆症の入居者もいれば、精神疾患を抱えている入居者もいるようです。

痴呆症の方は夜に徘徊することもありますし、そのような対応により、体力的・精神的に疲労を感じる看護師さんもいます。

施設の雰囲気にもよりますが、ピリピリしている特養老人ホームもありますし、「特養だけはもう二度と働きたくない」という感想を述べているナースもいます。

入居者と接する事に充実感を感じるかどうか

一方で「認知症の入居者に情が移って癒やされます」という感想を抱いている看護師さんもいます。そのような施設では、周囲の介護士やヘルパーも入居者のことを常に考え、笑顔で接しているようです。

特養看護師は確かに忙しいですが、入居者と接することが好き(高齢者の笑顔が好き)な看護師さんにとっては、非常にやり甲斐ある仕事なのではないでしょうか。逆に介護業務に興味がない方にとっては、忙しさが心身共に負担になり、体調を崩すことにもなりかねません。

その辺りはあなた自身の適性にもよりますので、給与や転職のしやすさだけで判断するのではなく、高齢者を介護することに充実感を感じるかどうかが大切かなと思います。

入浴介助や排泄介助もありますので、その辺りを踏まえた上で、転職を考えてみて下さいね。尚、特養老人ホームの看護師の仕事内容に関しては、こちらのページに記載していますので合わせて参考にして下さい。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら