特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特養看護師 夜勤について

特養看護師の夜勤に関して

特養看護師の夜勤ですが、施設によっても変わる部分ですね。日勤のみで働けることも多く、夜間帯はオンコール待機を取っている特別養護老人ホームもあります。もしくは完全に夜勤なしの特養看護師求人もあるんですよね。

様々な角度から情報収集してみると、看護師の夜勤がない場合も介護士は夜勤でシフトに入っていることが多く、「看護師がいないので夜勤が心配…」という感想も見られました。その点、看護師は入居者の体調不良、急変にも対応できますから、介護士のような不安は少ないと思います。

ただし病棟と違って夜勤時に医師が常駐しているわけではありません。適切な判断、正確な対応が求められますので、臨床経験が長い方が特養で働きやすいのではないでしょうか。

急性期病棟などで経験が長いナースは、特養や有料老人ホーム、老人保健施設でも早期に馴染めると思います。逆に経験が浅い場合は、夜勤やオンコール待機がある特養よりも、日勤のみの特養やデイサービスの方が良いかもしれませんね。

特養看護師のニーズは高い

特養看護師の仕事内容・役割は、バイタルチェック、入浴前後の処置、配膳管理、経管栄養の管理(胃ろう)、緊急時対応などとなっています。周囲の介護士と共に、食事介助や入浴介助を行うこともあるかもしれません。

特養の入居者は要介護度3以上が多く、寝たきりの高齢者が基本です。私の家族も特養入居の順番待ちをしていましたが、なかなか入ることが出来ませんでした。結果的に有料老人ホームに入ったり、介護病棟に入ることが出来ましたが、利用者やその家族にとって、介護問題は深刻なんですよね。特養の入居者それぞれに思いがありますし、家族も様々なことに悩んでいます。特に夜の時間帯は、「いつ特養から緊急の電話が来るだろうか…」と考えることも多いんですよね。

日本は高齢化社会が進行しているので、今後も介護施設からの看護師ニーズは高いと思います。特養で経験を積むことでスキルアップ、キャリアアップに繋がりますし、まずは看護師紹介会社を利用して特養求人を探してみて下さい。

おすすめランキングは以下のページで紹介しています。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら