特養看護師 求人【転職を検討中の看護師さんへ】

当サイトでは、特養看護師へ転職を考えている方に関する情報・役立つオススメ求人サイト、人材紹介会社をご紹介いたします。

特養看護師の悩み

特養看護師の悩みって?

特養看護師の悩みにフォーカスしてお伝えします。

特養は施設によっても雰囲気が異なりますし、看護師の仕事内容・役割も若干異なることが多いです。しかし共通して感じやすい悩みとしては…

などがありますね。

入居者一人ひとりへの対応に関しては、病院と違って長年利用する方が多いので、対応が難しい高齢者とも長く付き合う必要があります。

私も両親や祖父母の介護問題に直面していますが、高齢者には高齢者の主張があり、人間関係も存在します。たとえば同じ部屋の中で、どうしても相性が合わない相手がいる場合、24時間顔を合わせることになりますから、お互いにストレスが堪っていくのです。

それが原因で「早くここから出たい」と駄々をこねることがありますし、「あの人が嫌い」と子供のように口にすることもあります。看護師に対しても不平不満が多くなると思います。

もちろん全ての利用者が「気むずかしい性格」というわけではありませんが、病棟や外来で接する高齢者のイメージとは異なるかもしれません。そしてそのような入居者との関係で悩んでいるナースも多いようです。

特に高齢者と接することが好き、お爺ちゃんお婆ちゃんとコミュニケーションが得意、という理由で特養を希望する場合、理想と現実のギャップで苦しむのではないでしょうか。高齢者は子供に近い部分があるので、何を言われても子供だと思って受け流すスキルも重要になるかなと思います。

介護士との関係と病院並の忙しさ

次に介護士との関係ですが、病棟と違って介護士も多数働いています。基本的に看護師より介護士の方が多いですし、それぞれプライドを持って働いているので、ぶつかることもあるんですよね。

建設的な意見交換なら良いのですが、感情をこじらせて人間関係が悪くなるケースもあります。どのような職業でも退職理由、転職理由の上位に人間関係が上がりますが、特別養護老人ホームや有料老人ホームの場合は、介護士との関係で悩んでいるナースが多いようです

未然に防ぐ方法はありませんが、希望する特養の雰囲気や風通しの良さに関しては、人材紹介会社のコンサルタントから教えてもらえることがありますので、ぜひ利用してみて下さい。

最後に「病院並に忙しい」という悩みですが、特養の求人募集ページには「入居者一人一人とゆったり向き合える職場」と書かれていることが多いです。

確かに向き合う時間は長くなりますが、病院より看護師の人数が少なくなるため、雑用が増えて病院並に忙しいと感じているナースが多いようです。ただし高度医療を求められる病院と違って、医療行為は少なくなりますから、その点は楽と言えるでしょう。

より詳細な情報につきましては、看護師紹介会社のコンサルタントに聞いてみて下さいね。

⇒ 特養の他、病院求人など豊富!サポートが手厚く看護師転職におすすめ、マイナビ看護師

特養看護師の求人が見つかる看護師転職サイト ランキングはこちら